GREEN SPOON(グリーンスプーン)

わたしだけのカラダに わたしだけの野菜を
"たのしい食のセルフケア文化を創る"ことをミッションに掲げた2020年3月にスタートした新しいウェルネスブランドです。食を通して自分を大切にする実感が「自分を好きでい続けられる人生」に繋がる世界を創りたい。私たちの情熱はそこにあり、その実感をなるべく多くの人に。そして、サステナブルなものにしたいと考えています。今後もウェルネスブランドとしてその意志をプロダクトに反映させ、新しい食体験を創ってまいります。

GREEN SPOONの記事はこちら

 

BULK HOMME(バルクオム)

2013年、「THE BASIC」をコンセプトにブランドデビュー。業界の常識を覆すようなシンプルなパッケージと、極限までこだわり抜いた「バルク(製品の中身)」が人気を博している。「世界No.1メンズスキンケアブランド」をビジョンに掲げ、2017年からはアジアへ進出。現在はフランス、イギリスを中心とするヨーロッパへの展開も行い、スキンケア⽂化を世界へ向けて発信している。

BULK HOMMEの記事はこちら

橋本 江莉果

橋本 江莉果

橋本 江莉果(はしもと えりか)/ インフルエンサー

GREEN SPOONをイメージした、カラフルなファッションで出演してくれた橋本さんは、かなりの美容オタク。普段から、試して良かったものを主婦の視点でシェアしているそうです。GREEN SPOON担当者の工藤さんとは大学生の頃からのお友達で、いつもお互いのおすすめアイテムを情報共有しているそう。

近澤 智

近澤 智

近澤 智(ちかざわ さとる)/ 俳優・アーティスト

BULK HOMMEの商品を愛用している近澤さんは、その良さを伝えたいと思い、インスタライブに参加してくれました。BULK HOMME担当者の早見さんとは、普段から一緒に遊んだり、ご飯に行ったりするほどの仲良し。BULK HOMMEのInstagramアカウントにも、モデルとして登場しています。

冷凍とは思えない、橋本江莉果を虜にしたおいしさとは

橋本さんはいつからGREEN SPOONを愛用されているのでしょうか?

 

橋本:GREEN SPOONは3月にスムージーが発売された時から愛用させていただいています。11月に発売されたばかりのスープも、普段から食べています。カップタイプとパウチタイプがあるんですよね。

 

GREEN SPOON工藤:カップタイプは、蓋を開けると野菜やゴロゴロ食材が入っているワクワクした体験をお楽しみいただけます。パウチタイプはスリムで、冷凍庫に入りやすい形状になっていて、冷凍庫がパンパンになってしまう方におすすめです。どちらも同じ量で、腹持ちも良く、1食で満足いただける量になっています。ダイエット中のごはんや、忙しい朝ごはんとして食べてくださる方も多いです。

スムージーもスープも、カップタイプとパウチタイプがあり、ライフスタイルに合わせて選べる

左からGREEN SPOON工藤さん、橋本さん

左からGREEN SPOON工藤さん、橋本さん

橋本:作り方は、お水を100cc入れてほぐし、容器に入れ替えてレンジで5分チンするだけ。本当に簡単なんですよ。正直、「こんなに簡単に作れるなんて、味はどうなの?冷凍だしおいしいのかな…」と思っていたんです。でも、本当にとにかくおいしいんですよ。家族に食べてもらうときも、冷凍だと気付かれないくらい。色どりも良いし、凝った料理を作ったかのような(笑)。使っている素材も無添加なんですよね?

 

GREEN SPOON工藤:そうですね。化学調味料、保存料、着色料、香料など一切使わず、無添加にこだわって素材もそろえています。お子さんも安心して食べられるものになっているので、親子で一緒に食べているという方も多いです。

 

橋本:スープは、味が15種類もあるんですよ。パーソナルスープなので、質問に答えるとその方のカラダや生活の悩みに合わせておすすめしてくれます。もちろん、おすすめ以外の食べてみたい味も選べます。今、自分に足りていない野菜や栄養が何かも知れるし、パッケージもすごくかわいいんですよね。写真にも映えるし、味もすごくおいしいからこそ、多くの方が継続して楽しめるんだと思います。

25種類のスムージー、15種類のスープを楽しむことができる

近澤さんは、スープを食べてみていかがでしたか?

 

近澤:とてもおいしかったです。両親と一緒に食べたのですが、二人も具沢山でおいしいと言っていました!

僕は元々野菜が好きなんですが、仕事の日は忙しくて時間もあまりないので、食事を外食やコンビニで済ませることが多く、十分に野菜が摂れないんです。でも、GREEN SPOONだったら、忙しくても、バランスのいい食事をぱっと食べられるのがすごくいいし、ボリュームもあるのでお腹もちゃんと満たされる。体を鍛えるのも好きなんですが、集中して鍛える時期の食事にもすごく良いなと思いました。

 

GREEN SPOON工藤:全種類、管理栄養士の監修のもと何度も試作を重ねているので、味にもすごくこだわっています。塩分は控えめで作っているんですが、味もしっかり感じられるので、老若男女どんな方にも広く楽しんでいただけるスープになっています。

 

近澤:スープがすごくおいしかったので、スムージーも気になっています。

 

GREEN SPOON工藤:スムージーは、60種類以上の食材(野菜、フルーツ、スーパーフード)から、7~9種類を組み合わせて1つのカップに入れています。ミキサーやブレンダーで1分撹拌するだけで、簡単に作れるんです。ゴーヤやマッシュルームなどのスムージーに使われるイメージがない食材も入っているんですよ。どれも10回以上試作して重ねたものなのですが、おいしいと好評です。スムージーは25種類あるので、ぜひこちらも試していただきたいです。 

GREEN SPOON スムージー

おいしさだけじゃない、継続の楽しみとは

橋本さんは、これから試してみたいアレンジなどありますか?

 

橋本:GREEN SPOONを購入すると、レシピが載っているスープノートがついてくるんですが、「ちょい足し」という項目があって。そのままでもおいしいんですが、アレンジしてみたり、継続的にいろんな味を楽しめるようになっています。色々自分で試せるのが楽しいです。

 

GREEN SPOON工藤:そうなんです。例えば、すりおろしにんにく、カレー粉、柚子胡椒とか、家にあるちょっとした食材を足してみるだけで味を変えられます。スープは15種類なんですが、何十通りにも楽しめるように作っています。ちょい足しレシピ以外にも水、牛乳、豆乳のどれを加えるかでも変わります。ぜひ楽しんでいただきたいと思います。

商品購入時についてくるSOUP NOTEには、おすすめの加水方法やちょい足しレシピが載っていて、より楽しめる工夫が

商品購入時についてくるSOUP NOTEには、おすすめの加水方法やちょい足しレシピが載っていて、より楽しめる工夫が

ここで、実際に調理していたスープをお持ちしました。近澤さんに食べていただきましょうか。ボウルも素敵ですね。

 

橋本:かわいいですよね。3か月継続するともらえるオリジナルボウルなんです!こんな感じでごろっとしたじゃがいも、にんじん、マッシュルームなどたくさん入っています。

GREEN SPOONを3か月継続するともらえるオリジナルボウル

GREEN SPOONを3か月継続するともらえるオリジナルボウル

GREEN SPOON工藤:こちらは「in Romance」というトマトシチュー味のスープです。ビーツ、トマト、じゃがいも、お肉なんかも入っていて、食べ応えがあります。

 

近澤:これも本当においしい。冷凍だと気付かないですよね。お店で出されてもおかしくないくらい、野菜が新鮮ですね。

今回近澤さんにも食べてもらった、赤野菜とグラスフェッドバターのトマトシチュー「in Romance」

カメラの前でGREEN SPOONのスープを食べる近澤さん

カメラの前でGREEN SPOONのスープを食べる近澤さん

GREEN SPOON工藤:カットした野菜をそのまま瞬間冷凍して保存しているんです。冷凍と聞くと不安に思う方もいるかもしれませんが、長期保存できるようになっているので、安心してフレッシュな野菜を楽しんでいただけます。

 

「スムージーを継続するコツを教えてほしい」というコメントも来ています。橋本さんいかがですか?

 

橋本:日常的に取り入れるのは勿論なんですが…自分に何かの栄養が足りないなと思った時に、スーパーに行って食材を買うのは大変。そういう時に、GREEN SPOONのパッケージ裏の食材を見て、健康意識を高めます。そういった自分に良いことをしていると感じらえる瞬間に取り入れるようにすると、続けられるんじゃないでしょうか。

編集後記

出演者の皆さんと、コメントをくれた視聴者の方々のお陰で、とっても楽しいインスタライブとなりました。動画を見る時間がない…という方もいらっしゃると思うので、和やかな雰囲気を少しでもお伝えできていたら嬉しいです。

 

今回のライブのアーカイブ動画は、5PM Journalの公式アカウントにも掲載しています。ぜひ、ご覧ください。

#グリーンスプーン とは #グリーンスプーン レビュー #グリーンスプーン スープ
#パーソナルスープ #パーソナルスムージー #イベントレポート #インスタライブ
#パーソナライズ ブランド #グリーンスプーン 評判 #スムージー 無添加
#橋本江莉果 #近澤智

2021.02.08

Text by 5PM 編集部